SouthwestASIA

Republic of India海外拠点:インド・デリー

担当重点地域と海外拠点設置国

重点地域:南西アジア地域
拠点設置国:インド
サテライト拠点設置国:スリランカ

Event infoイベント情報

取組概要

東京大学は、2012年2月にインド事務所を設立し、2014年より優秀なインド人留学生の獲得に向けた、オールジャパンの取組みも担う立場となり、2019年4月から文部科学省の委託事業「日本留学海外拠点連携推進事業」としてインドを中心とする活動から周辺国に拡大しました。2020年1月、スリランカ事務所を設立、2021年度はバングラデシュでの活動を開始し、南西アジアから優秀な留学生を獲得する取組を継続しています。
これまでに、個別カウンセリング、日本留学説明会、現地入試支援、そして産官学ネットワーク構築などの取組を実施し、留学生の獲得につなげています。
詳しい取組は東京大学インド事務所ホームページおよび日本留学海外拠点連携推進事業(南西アジア地域)ホームページを御覧ください。

国内機関との協力

本事業で東京大学は、以下のような形で、日本の大学に協力を行います。
詳細は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。 ・インド、スリランカ、バングラデシュでの現地入試へのご協力(東京大学インド事務所のTV会議システム利用可、東京大学スリランカ事務所、バングラデシュ事務所の会議室利用可) ・ネットワークを有するインド、スリランカ、バングラデシュの高校・大学への広報 ・各大学の資料を東京大学インド事務所、スリランカ事務所、バングラデシュ事務所に配架し来訪者に広報 ・アプローチ先の高校や大学に関するアドバイスの提供 ・南西アジア地域における同窓会組織を活用した広報、交流プログラム支援、他

目標

南西アジア地域から日本の高等教育機関への外国人留学生数を事業開始前年度(平成30(2018)年度)時点の23,729人から事業最終年度(令和5(2023)年度)までに1.5倍増を目指します。

実績

平成30(2018)年度から31(2019)年度にかけては南西アジア7か国中6か国で堅調に増加しており、コロナ禍でも南西アジア地域の減少率は3.3%に留まり、インド・バングラデシュ・パキスタン・ブータンからの留学生数は微増傾向にあります。インド事務所、スリランカ事務所では毎月、日本留学の関連セミナー、イベントを開催しています。

国内機関へのメッセージ

インド、スリランカ、バングラデシュ、その他周辺国で開催される日本留学説明会等のイベントへの、積極的なご参加(出展)をお待ちしております。